ベーさんブログ

マイクラ情報、動画編集、ゲーム実況のやり方など 役立つ情報を発信していきます。

MENU

【比較】Aviutlからプレミアプロ(Premiere Pro)に動画編集ソフトを変更した理由。

f:id:suppoko_besan_craft:20200213174456p:plain

どうも、べーさんです。
僕は最近動画編集ソフトを「Aviutl」から「Adobe Premiere Pro」に変更しました。
変更した理由と、よかったこと、ちょっと良くなかったこと。
それぞれ紹介していきたいと思います。

動画編集ソフトを変えた理由

理由は3つあります。

Aviutlが重かった。

Aviutlというソフトは、KEN君という個人が開発している動画編集ソフトで、無料ソフトの中ではトップレベルの性能と使いやすさを誇っています。
しかし、Aviutlは重たい。
32bit版のソフトだから仕方がないのだろうが、軽くはなかった。
一応スペックはいいものだから、パソコンのせいではないと思った。
スペック
Intel core i7-9750H
GeForce GTX 1660 Ti
・RAM 16GB

エンコード失敗の繰り返しだった。

Aviutlでは、プラグインを導入することでmp4形式に出力することができます。
しかし、Aviutlでは出力の失敗が多かった。
なぜかはわからない。
色々試してみたけど無理でした。
動画時間が10分を超える動画はほとんどエンコードできませんでした。
出力失敗すると心が折れますよね。(経験したことがある人ならわかる)

凝った動画を作りたかった

プレミアプロは、カスタマイズ性が非常に高く、エフェクト一つでも、ほぼすべての要素をカスタムすることができます。
そして、プレミアプロはAdobe Creative Cloudというサービスの中に入っています。
クリエイティブクラウドには、アフターエフェクトやフォトショップイラストレーターなどの、いろいろなアプリが入っています。
プレミアプロでは、それらのアプリを連携することでより凝った映像作品を作ることができます。
プロの現場などでも使われているそうです。

プレミアプロのいいところ

ショートカットの設定ができる

f:id:suppoko_besan_craft:20200213215107p:plain

カットや削除、テキスト入力などをショートカットキーを割り当てることで、素早くこなすことができます。
この機能、Aviutlにはありませんでした。
僕は、この機能のおかげで、毎動画1時間くらいカット編集にかかる時間が減りました。

エンコードが最強

今のところ、エンコードに失敗したことありません。
プレミアプロは、Adobe Media Encoder という別のソフトと連携することで、高機能なエンコードなどができます。
エンコードのスピードもかなり速いです。

動作が軽い

これは、使っているパソコンによってもかなり変わってくる部分ではあると思いますが、僕のPCの場合はAviutlより、動作が軽い印象です。
プレビューをGPU処理できるので、グラボとかをガチガチ積んでいる人は、すごく快適に編集できると思います。
すごく多機能な割に、軽いです。

エフェクトの数がすごく多い

 映像、音声ともにエフェクトが多いです。
しかも、カスタマイズもかなり細かくできるので、使いやすいです。

音声の波形が見れる

f:id:suppoko_besan_craft:20200213214013p:plain

このような感じで、タイムラインに波形が出ています。
カットなどをするときに、話している場所がすぐわかるので効率が上がります。
地味に超便利です😊

f:id:suppoko_besan_craft:20200213214353p:plain

こんな感じで、全体の音量調整も簡単にできちゃいます。

タイトルのスタイル保存

どんだけ書くんだよって感じですよね。まだまだいいところありますよ(笑)

f:id:suppoko_besan_craft:20200213214710p:plain

こんな感じで、気に入ったタイトルのスタイルを保存しておけます。
この機能自体はAviutlにもありましたが、プレミアプロではスタイルを一覧で見ることができるので、わかりやすいです😆
タイトルを入力した後でも、簡単にスタイルを変更することができます。

別アプリとの連携がすごい

先ほど説明した通り、プレミアプロはAdobe Creative Cloudというサービスの中に入っているアプリです。
クリエイティブクラウドには40ほどのアプリが入っているそうです。
僕が普段使うアプリはこんな感じです。
それぞれのアプリに得意分野があってそれに合わせた使い方をしていきます。

ワークスペースの編集が可能

ワークスペースって何? という方に。

f:id:suppoko_besan_craft:20200213220316p:plain

こういう編集画面のことです。
この編集画面、めちゃくちゃ便利です。
何が便利かというと、まず一つ目に自分の好きなようにカスタマイズできること、二つ目に見やすいということです。
この編集画面では、タイムラインやプレビュー画面といった、それぞれのウィンドウをドラッグ&ドロップで簡単に移動させられます。
又、それぞれの大きさを調節することも容易なので、自由自在に編集画面をカスタムできます。
僕も、初期設定からかなり場所をいじっています。
Aviutlとの差は、ウィンドウを動かしても全体では1つの画面になっている、ということでしょうか。

少し大変なこと

慣れるまでに時間がかかる

まぁ、これは仕方がないですね。
多機能な分、はじめはどこに何があるのか全然わかりません。
Aviutlはシンプルな分、初心者にもやさしいので。
プレミアプロははじめはうまく使いこなせないと思います。(僕もまだ使いこなせていません…。)

高い

値段が高いです。
大人だと通常、税抜きで月額5680円します
学生だとかなり安くなって(それでも高いですが)税抜きで月額1980円になります。

低スペックのパソコンだと動かないかも…。

軽い、とは言え有料ソフトですので。
スペックが低い方だと快適に動作しないかもしれません。
まあ、それはプレミアプロに限った話だはないので。
動画編集を本気でしたいならある程度いいスペックのパソコンの購入を検討しましょう。

筆者の個人的な意見

プレミアプロは最高です。
すごく性能がよく、多機能です。
まだ自分も上手に使いこなせていませんが、これからもっと修行します!